元商社マンによるシドニーでの戦い

シドニーでの生活、転職、仕事のことなどなど。海運業 => 総合商社 => プログラマー(Sydney)。

シドニー転職活動 就職活動

読者からの質問;シドニーではどこで求人案内を見つけられますか?

2017/08/25

最近、このブログ経由で多くの質問を受けるようになりました。基本的に、個人情報は伏せてblog上で返信させて頂きますね。なぜか、商社希望の方、多いです。

質問

私は現在、シドニーで就職活動をしており、ルーさんの"元商社マンによるシドニーでの戦い"のブログを拝見し、シドニーでの日系企業への就職活動でいくつかお聞きしたいことがありまして、ご連絡させて頂きました。
私は商社への就職を希望しており、レジュメを提出しようとしているのですが、肝心の各企業の現地採用募集等の欄をホームページや日本人向けのwebサイト等で見つけることができません。
ルーさんはどのようにして現地採用募集を見つけられたのでしょうか?
また、こちらで就職活動をする際、何か気をつけたことはございますでしょうか?

回答

まず、日系のシドニー支店、現地法人で、企業自身のサイトに募集案内をきちんと載せるとこは、ほぼなありません。ですので、基本的に下記の求人サイトを見てみましょう。

商社や、銀行など所謂コーポレイト系の仕事であれば、下記二つを見ていれば十分です。検索にjapanese、location:sydney などといれて見てください。ここに、シドニーにある日系のリクルートエージェントも掲載してきます。advantage professional (事業終了。2017年8月1日以降は、日本チームは同じリクルートグループであるChandler Macleod Group Limited に、実質移行されるようです。) さんと、staff solutionsさんです。例えば、商社の募集があるとすれば、ほぼ100%の確率で、この二社から求人の掲載があります。ジョブデスクリプションを見るとすぐにわかると思います。

また、カジュアルな仕事、キチンハンドとか、引越しとか、はたまた夜の仕事ならば、こちらのサイトにも掲載されます。

 

転職活動時の注意点

転職の際には、リクルートエージェントを使うケースもあるでしょう。何人か、リクルーターとして働いている友人がいますので、彼らからのヒントを紹介します。

リクルートエージェントの顧客はあくまで人材を探している企業であり、私たちのような求職者ではありません。リクルートエージェントは人材を紹介し、企業側から、feeを貰います。そこは注意しましょう。また、彼らは、企業の募集に対してどれだけ候補者を提示できるかで、彼らの評判が決まります。ですので、履歴書集めに必死です。個人的には、むやみやたらに履歴書をばらまくのはどうだろうかと、思います。

一方で、信頼できるリクルーターも、もちろんいます。私のような小僧のためによく時間を割いて会って相談に乗ってくれた方もいました。少し付き合いば、彼らの仕事の仕方もわかるので、こちらがリクルーターを選ぶぐらいの気持ちで良いと思います。

以上となります。

皆様が、納得のいく転職活動、シドニーライフを過ごせることを応援しております。

何かあれば、ご連絡ください!

-シドニー転職活動, 就職活動